大人アトピーの治療方法

アトピー性皮膚炎の原因(昔からいわれている原因)

アトピー素因がある
アトピー性皮膚炎の発症には、アトピー素因という遺伝的背景が関係しています。 アトピー素因とは、専門的にいえば、タンパク質の一種である「IgE抗体」をつくりやすい体質で、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患になりやすい体質、ということがいえます。
アレルゲンがある
何らかのアレルゲンが作用し、湿疹になると考えられています。 成人型アトピーの場合は、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛などの環境アレルゲンが、関与していることが多いようです。アレルゲンを見つけるために、血液検査などを行いますが、血液検査で異常値を示すものすべてが、湿疹の原因とは限りません。 病院で検査ができますので、調べておくと良いでしょう。
皮膚のバリア機能の低下
アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は、極端にセラミドが減少し、湿疹のない部位でも乾燥して、バリア機能(アレルゲンなどを防ぐ機能)が低下しています。そのため、外的刺激に敏感になり、炎症が起こりやすくなっています。
ストレス
アトピーが、受験や仕事などの精神的ストレスで悪化し、ストレスが解消されれば、よくなるということは、よく挙げられる要因のひとつです。


湿疹のある人は、痒みにより、よく掻きますが、それほど痒くないのに、掻いてしまうという掻破癖を持った方も中にはいらっしゃいます。しかあし、アトピー性皮膚炎は、掻くことによっても悪化するので、注意が必要です。