大人アトピーの治療方法

アトピー皮膚炎治療のその他

PUVA療法(光線療法)について

治りにくいアトピー性皮膚炎の治療に、PUVA療法という、紫外線の効果を治療に応用した光線療法があります。ソラレンという薬を飲んだり、塗ったりした後、紫外線ランプを当てる療法です。「P」がソラレンの頭文字、「UVA」は、紫外線のA波を意味します。この2つを合わせて「PUVA」と呼ばれています。 紫外線を受けて、初めて効果がでる「ソラレン」は、免疫に関係するT細胞の働きを、抑制するものと考えられています。刺激に過剰に反応するなど、アトピー性皮膚炎は、過剰な免疫反応の一種であることから、免疫に関する細胞の働きを正常にするこの療法が、効くとされているのです。 また、ソラレンを使わずに、紫外線だけを当てる治療法もあります。このPUVA療法は、一定の効果は期待できるのですが、残念ながら、健康保険が適用されないので、高額な治療費が必要になります。

タクロリムスについて

タクロリムスは、ステロイド剤とともに、アトピー性皮膚炎を治療する薬です。タクロリムスは、特に顔の症状に効果がみられる薬です。タクロリムスは、皮膚の厚いところには効き目が弱く、皮膚の薄いところによく効く薬です。タクロリムスを使って、顔の症状が良くなるとやはり、気持ち的に楽にもなりますし、自信にもなるのではないでしょうか。全身のかゆみや湿疹も治まることもあるようです。 しかし、タクロリムスも、炎症を鎮める薬であって、根本的な治療薬ではありません。また、特殊な薬であるだけに、使用には厳密な適用が求められます。 タクロリムスは、免疫にかかわる細胞にだけ働くため、皮膚が萎縮して血管が浮き出るといった、ステロイドの副作用をさけることができるという利点があります。しかし、一方では、皮膚にピリピリとした刺激感があることや、感染が起きている部分に塗ると感染症を悪化させるという欠点もあるので、医師との厳密な相談が必要不可欠となります。