大人アトピーの治療方法

アトピー皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は、痒みのある湿疹が、ずっと、または、繰り返して続くことが特徴です。一般的には、幼小児期に症状が出てきて、その症状は、年齢とともに変化していきます。乳幼児期には顔面、頭部などにジュクジュクした湿疹が生じます。学童期には肘、膝の裏などを中心にカサカサした湿疹がみられるようになります。痒みも強くなるので、我慢できずに掻き、引っ掻き傷もできるでしょう。
アトピー性皮膚炎は、以前は子どもの皮膚疾患で、成長して思春期くらいになると、自然に治まると考えられていましたが、最近では、思春期にいったん良くなったにも拘らず、20歳前後になって、再び悪化したり、思春期になっても治らず、さらに、成人になってもアトピー性皮膚炎が続く人も増えてきています。
アトピー性皮膚炎の診断基準は、厚生労働省や日本皮膚科学会が作成した、治療ガイドラインによって決められています。次の3項目に当てはまる場合、症状の軽い、重いにかかわらず、全てアトピー性皮膚炎と診断されます。
1.かゆみがある。
2湿疹と症状の現れる部位に特徴がある。
∟・湿疹が左右対称に現れる。
∟・年代により、アトピー症状の現れる部位が異なる。
乳児:主に顔や頭にできるが悪化すると、胸や背中、手足にも広がることがある。
子供:首周囲や、肘の内側、膝の裏側など関節の内側にできることが多い。
成人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に、症状の重いアトピー湿疹がい。
3.湿疹の慢性化。
湿疹が慢性化し、改善と悪化を繰り返します。乳児では2ヵ月以上、子供や大人では6ヵ月以上が目安です。