大人アトピーの治療方法

アトピーは治るのか?

アトピー性皮膚炎がどのようなアレルゲンによって発症するかということは、だいたい解明されているのですが、「原因を特定しづらい」というのがアトピーの治療を妨げている一番の要因です。 アトピー性皮膚炎は、出産後まもなく発症する子供や、数年経ってから発症する子供、さらには成人してから突然発症する成人型アトピーなど発症時期がさまざまです。小児性のアトピーは、成長とともに自然と治る子供もいますが、なぜ治るのかが、はっきりしていません。 アトピー性皮膚炎は、慢性的によくなったり、悪くなったりを繰り返す病気なのですが、その原因についても特定することができていません。また、アレルギー疾患のように、ある特定のものを取り除くことで治すということもできません。アトピー発症の原因ともなっているアレルゲンには、食品からハウスダスト、さらには化学物質まで、いくつもあります。現在では、検査の精度も向上し、単独のアレルゲンから複数のアレルゲンまで、特定できるようになっています。しかし、まだ根本的に治すという方法が、見つかっていないのが現状なのです。そのため、かゆみ、湿疹などの症状を、抑える対症療法が行われているというわけなのです。